妊娠糖尿病の胎児への影響は??

妊娠糖尿病の胎児への影響は??

妊娠中はママの健康管理がとても重要なのですが、中でも特に注意したいのが妊娠糖尿病です。

 

妊娠糖尿病になるとママだけではなく胎児への影響もあって、今まで以上に厳しい健康管理が必須となります。

 

ここで、妊娠糖尿病の胎児への影響がどのくらい大変なものなのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

では、今回は妊娠糖尿病の胎児への影響について、具体的なリスクを挙げていきましょう。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠糖尿病で胎児の障害のリスクが高まる?具体的な障害とは?

妊娠糖尿病の胎児への影響として、まず怖いものと言えば「胎児の障害のリスク」です。

 

妊娠中の目標として出産をゴールとして考えている方も多いのですが、本当なら「何の異常もない健康な赤ちゃんを出産すること」を目標にしたいところです。

 

実は、妊娠糖尿病の胎児への影響には、「脳の障害」「奇形」などの障害のリスクがあるんです。

 

妊娠糖尿病はママの健康管理次第で予防することが可能な病気なので、この機会に胎児への障害のリスクを知ってより予防対策を強化できると良いですね。

 

では、妊娠糖尿病の胎児への障害のリスクについて、詳しく説明しましょう。

 

脳の障害

妊娠糖尿病の胎児への障害のリスクとして、まずは「脳の障害」が挙げられます。

 

米国内分泌学会では妊娠糖尿病の妊婦さんが糖分を摂取すると、胎児の音への反応が遅れやすくなると言うような報告がされています。

 

この報告の根拠となったのが、妊婦さん40人(妊娠糖尿病の妊婦さん12人含む)に経口ブドウ糖負荷試験を行った結果です。

 

具体的には、「70mgのブドウ糖を経口投与⇒1時間後と2時間後に血糖値・胎児の聴覚刺激に対する反応を測定」と言う流れで実験を行いました。

 

胎児の聴覚刺激はスピーカーで発生させた音をプラスチック管を通じて、ママのお腹の胎児の耳近くに伝えて胎児脳磁気で胎児の反応を確認しました。

 

その結果、妊娠糖尿病の妊婦さんと妊娠糖尿病でない妊婦さんとで、胎児の音に対する反応に次のような違いがあることが明らかになりました。

 

・妊娠糖尿病⇒296ミリ秒

・妊娠糖尿病でない⇒206ミリ秒

 

上記の実験結果を見れば高血糖であることが、いかに胎児の音に対する反応を鈍らせるかが分かりますよね。

 

聴覚刺激には脳の働きが関係しているので、妊娠糖尿病の妊婦さんが無事出産を迎えても、胎児の脳に障害が残る可能性が考えられます。

 

奇形

妊娠糖尿病の胎児への障害のリスクとして、「奇形」も挙げられます。

 

胎児の体は妊娠が成立してからすぐに作られ始めるので、妊娠超初期の段階で既にママの高血糖の影響を受けてしまうんです。

 

具体的な奇形の症状としては、主に次のようなものがあります。

 

・ダウン症

・無脳症や脳性麻痺

・口蓋症

・二分脊椎

・多指症

 

妊娠糖尿病ばかりが奇形の原因ではないのですが、血糖値をきちんと管理して少しでも奇形の可能性を減らせると良いですよね。

 

妊娠糖尿病で胎児の大きさに問題が出ることも!

妊娠糖尿病の胎児への影響として、「胎児の大きさに問題が出ること」もあります。

 

胎児の大きさは「基本的には成長していれば安心!」と思いがちですが、実は大きすぎても小さすぎても良くないんです。

 

胎児が極端に大きすぎる場合は「巨大児」、極端に小さすぎる場合は「発育遅延」に該当する可能性があります。

 

では、妊娠糖尿病の胎児の大きさのリスクについて、詳しく説明しましょう。

 

巨大児

妊娠糖尿病の胎児の大きさのリスクと言えば、まずは「巨大児」が挙げられます。

 

巨大児は体重が4000g以上もある胎児のことで、ママが出産の時に大変なのは言うまでもありません。

 

実は難産には赤ちゃん側のリスクもあって、出産がきっかけで脳の障害・神経麻痺・骨折などを起こしてしまうこともあります。

 

無事に出産を迎えることができた場合でも、出産後に何らかの異常が発生する場合もあるので注意が必要です。

 

発育遅延

妊娠糖尿病の胎児の大きさのリスクと言えば、「発育遅延」も挙げられます。

 

発育遅延は赤ちゃんが標準よりも著しく小さい場合で、赤ちゃんの発育が遅くなったり止まっていたりすることが考えられます。

 

一般的には「赤ちゃんは小さく生んで大きく育てよう!」と言うのですが、小さすぎても切迫早産や早期破水のリスクが出てくるんです。

 

無事に出産を迎えることができても、内臓や神経で障害が発生するリスクもあります。

 

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠糖尿病には他にも胎児への影響が!具体的なリスクとは?

妊娠糖尿病の胎児への影響は障害や大きさ以外にも、「流産」「肥大型心筋症」「低血糖」「多血症」などがあります。

 

ママの方が妊娠中だけで症状が治まっても、残念ながら赤ちゃんには色々な症状が残ってしまうことがあります。

 

出産に至らずに流産してしまう可能性もあるので、子供の将来と真剣に向き合うつもりで健康管理を徹底した方が良いのかも知れませんね。

 

では、妊娠糖尿病の胎児への影響の中でも、障害や大きさ以外のリスクについて詳しく説明しましょう。

 

流産

妊娠糖尿病の胎児への影響でもっとも悲しいものと言えば、やはり「流産」ですよね。

 

流産は妊娠22週までの間に起こるもので、これ以上妊娠を継続できない状況になってしまうことを言います。

 

流産の確率は一般的には14%と言われているのですが、妊娠糖尿病の方は25%以上と言われています。

 

妊娠22週を迎えることができても、今度は早産のリスクが伴うので注意が必要です。

 

肥大型心筋症

妊娠糖尿病の胎児への影響として「肥大型心筋症」も、突然死に至る危険性のある恐ろしい症状です。

 

肥大型心筋症は心臓の筋肉の厚みが増して心臓内部が窮屈になり、血液の量が減少する症状です。

 

特に酸素を多く必要とする運動時に呼吸困難や動悸、胸痛、失神などの症状が起こりやすく、不整脈や心不全、突然死などのリスクもあります。

 

低血糖

妊娠糖尿病の胎児への影響として「低血糖」はよく知られているのですが、「糖尿病なのになぜ低血糖?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

 

人間の体はブドウ糖を供給すると血糖値を下げて、コントロールするためにインスリンを分泌する仕組みになっています。

 

でも、生まれたての赤ちゃんの場合は、ママのお腹から出てブドウ糖の供給が急激に減っても尚、インスリンを分泌し続けてしまうんです。

 

赤ちゃんにはインスリンの分泌をコントロールする力が備わっていないので、一度大量に分泌したインスリンは分泌され続けたままになります。

 

もちろん、インスリンが過剰に分泌されれば、血糖値が下がりすぎて低血糖状態で神経障害・無呼吸・痙攣・低体温などの症状が起こることがあります。

 

多血症

妊娠糖尿病の胎児への影響として「多血症」も、色々な臓器に悪影響を及ぼす大変な症状です。

 

多血症は血液内の赤血球が多すぎて血液がドロドロになり、血行が悪くなってしまう症状です。

 

脳梗塞や心不全・腎不全・チアノーゼ・懐死性腸炎・無呼吸・痙攣などの症状が起こることもあります。

 

スポンサードリンク

まとめ

妊娠糖尿病の胎児への影響について、障害・大きさ・その他のリスクの3つに分けてまとめてみました。

 

・障害⇒脳の障害、奇形

・大きさ⇒巨大児、発育遅延

・その他のリスク⇒流産、肥大型心筋症、低血糖、多血症

 

妊娠糖尿病を発症すると脳や臓器、神経などの色々な部分に、障害のリスクが発生する可能性が高まります。

 

出産を迎えることすらできない場合もありますし、無事に出産を迎えることができても赤ちゃんの障害に悩まされる場合も考えられます。

 

上記のリスクは妊娠糖尿病でない妊婦さんにも少なからず存在するものですが、努力次第で予防できるなら最大限の努力をしたいと思いませんか。

 

妊娠や出産はママや赤ちゃんの今だけでなく将来にも関わる重要な過程なので、妊娠中の健康管理を徹底して健康な子供を出産できると良いですよね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠糖尿病カテゴリの最新記事