妊娠糖尿病の入院基準!基準を知って対策を!

妊娠糖尿病の入院基準!基準を知って対策を!

妊娠中に「血糖値が高め!」と医師から指摘されて、妊娠糖尿病の入院基準について気になっている方はいませんか。

 

特に多くの方が気になっているのが、「妊娠糖尿病になったら、絶対に入院しなければいけないの?」なんて言うようなことでしょう。

 

でも、妊娠糖尿病は対策が可能な病気なので、妊娠糖尿病になってからのことを考える前に最善の対策ができるのが一番ですよ。

 

では、妊娠中に十分な健康管理を十分に行うためにも、妊娠糖尿病の入院基準と一緒に診断基準もチェックしてみましょう。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

まずは妊娠糖尿病・糖尿病の診断基準をチェック!どのくらいなら正常?

妊娠糖尿病の入院基準の前に、まずは妊娠糖尿病の診断基準を知るところから始めましょう。

 

どのくらいが妊娠糖尿病に該当するのか、どのくらいが正常範囲なのかを知っていれば、健康管理を行う上での目標が立てやすいですよね。

 

実は、妊娠糖尿病はスクリーニング検査や75g経口糖負荷試験で診断されることが多く、診断基準は通常の糖尿病よりも厳しいんです。

 

では、妊娠糖尿病・糖尿病の診断基準がどうなっているのか、どのくらいが正常なのかを見ていきましょう。

 

スクリーニング検査での妊娠糖尿病の診断基準

妊娠糖尿病の検査の中でも妊婦さん全員が対象となっているのが、妊娠糖尿病の可能性のある人をふるい分ける「スクリーニング検査」です。

 

妊娠糖尿病ガイドラインでは、「初診時と妊娠24~28週にスクリーニング検査を行うのが良い。」とされています。

 

それで、妊娠初期と妊娠中期にそれぞれ、次のようなスクリーニング検査を行います。

 

・妊娠初期⇒食事時間とは関係なく血糖値を測定

・妊娠中期⇒50gブドウ糖負荷試験1時間後に血糖値を測定

 

妊娠初期のスクリーニング検査では95mg/dl以上、妊娠中期のスクリーニング検査では140mg/dl以上が陽性に該当します。

 

陽性の診断を受けた場合には75g経口糖負荷試験を受けて、妊娠糖尿病かどうかの診断がされます。

 

妊娠糖尿病が疑わしい体質の基準

スクリーニング検査は基本的には妊婦さん全員が対象なのですが、妊娠糖尿病が疑わしい体質の場合にはスクリーニング検査を飛ばすこともあります。

 

その場合は初めから75g経口糖負荷試験で、結果的に全ての妊婦さんがスクリーニング検査か75g経口糖負荷試験のどちらかを受けることになります。

 

それで、妊娠糖尿病が疑わしい体質の基準としては、次のようなことが挙げられます。

 

・肥満体型

・尿検査で尿糖が陽性

・羊水過多症

・妊娠高血圧症候群の経験がある

・35歳以上の高齢妊娠である

・糖尿病の家族や親戚がいる

・原因不明の流産や死産、早産の経験がある

・今までに大きい赤ちゃんを出産した経験がある

 

このような場合はスクリーニング検査を行わずに、初めから75g経口糖負荷試験を行う場合があります。

 

75g経口糖負荷試験での妊娠糖尿病の診断基準

75g経口糖負荷試験はスクリーニング検査で陽性だった場合や、妊娠糖尿病が疑わしい体質である場合などに受ける検査です。

 

検査の半日前から食事を取らないようにして、ブドウ糖を摂取する前(空腹時)・ブドウ糖を摂取した1時間後・ブドウ糖を摂取した2時間後に血糖値を測定します。

 

・ブドウ糖を摂取する前⇒92mg/dl以上

・ブドウ糖を摂取した1時間後⇒180mg/dl以上

・ブドウ糖を摂取した2時間後⇒153mg/dl以上

 

75g経口糖負荷試験では合計3回血糖値を測定して、1つでも上記の数字に該当すれば妊娠糖尿病と診断されます。

 

明らかな糖尿病の診断基準

妊娠糖尿病の診断基準と明らかな糖尿病の診断基準は違っていて、明らかな糖尿病の診断基準は次のようになっています。

 

・空腹時の血糖値⇒126mg/dl以上

・随時血糖値(食事時間とは関係なく測定した血糖値)⇒200mg/dl以上

・HbA1c(最近1~2ヶ月の平均的な血糖値を示す指標)⇒6.1%以上

・糖尿病性網膜症を発症

 

明らかな糖尿病の診断基準は妊娠糖尿病よりも重度の症状で、上記のうち1つでも該当するものがあれば糖尿病の診断を受けることになります。

 

正常な人の血糖値

妊娠糖尿病と明らかな糖尿病の診断基準が分かったところで、「正常な人の診断基準はどうなの?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

本当なら妊娠糖尿病や明らかな糖尿病の診断基準に該当しなければ、「自分は正常だ!」と思いたいところでしょう。

 

でも、妊娠中は通常とは体調が異なりますし、診断基準をクリアできても出産までの間に妊娠糖尿病を発症してしまうこともあるんですよ。

 

なので、正常な人の血糖値は妊娠糖尿病の診断基準よりもずっと厳しく、次のような数値になっています。

 

・空腹時の血糖値⇒60~100mg/dl以下

・食事の1時間後の血糖値⇒140mg/dl以下

・食事の2時間後の血糖値⇒120mg/dl以下

・HbA1c⇒4.3~5.5%

 

これらの基準をクリアできていれば、今まで通りの食生活で妊娠糖尿病を発症するリスクは少ないと考えられます。

 

妊娠糖尿病になったら絶対に入院なの?入院基準はどうなってるの?

既に妊娠糖尿病の診断を受けている方や妊娠糖尿病が心配な方は、妊娠糖尿病の入院基準が気になりませんか。

 

多くの方が知りたい情報と言えば、「妊娠糖尿病の診断を受けたら絶対に入院なの?」「妊娠糖尿病で入院したらどんな治療を受けるのか?」などでしょう。

 

特に仕事をしている方や育児中の方は、万一入院しなければならなくなった時に色々と準備も必要ですよね。

 

では、妊娠糖尿病の入院基準や治療内容について、詳しく説明しましょう。

 

「妊娠糖尿病=絶対入院」ではない

「妊娠糖尿病=絶対入院」なんて思っている方は多いでしょうが、実はそうとも限らないんですよ。

 

入院するかどうかは、次のような状況によって変わってきます。

 

・医師の判断

・どのくらい症状が酷いか

・本人だけで自己管理ができそうか

 

妊娠糖尿病でも軽度で本人だけで自己管理ができそうな場合には、入院せずに自宅で血糖値を測定しながら様子見になることもあります。

 

妊娠糖尿病で入院する時に受ける治療は?

妊娠糖尿病で入院する時に受ける治療は、食事療法による血糖値のコントロールが基本です。

 

そのためには血糖値の把握が必須なので、毎回の食事前(計3回)と毎回の食事2時間後(計3回)の合計6回も血糖値を測定することが多いです。

 

必要な場合は就寝前を含めて、合計7回も血糖値を測定することもあります。

 

食事療法に関しては栄養バランスの取れた食事はもちろん、急激な血糖値の上昇を防ぐために1日の食事を5回前後に分けて食べる分食を行うこともあります。

 

それでも血糖値のコントロールが難しい場合は、インスリンを投与して血糖値をコントロールします。

 

入院するしない関係なく食事の管理が必須

「妊娠糖尿病で入院せずに済んだらラッキー!」と喜んでしまいそうですが、入院しなくてももちろん食事の管理は必須ですよ。

 

・糖分を控えめの栄養バランスの良い食事を心掛ける

・定期的に体重(場合によっては血糖値)を把握して体重管理を徹底する

・1日の食事を5回前後に分けて食べる

・血糖値の上がりにくい食物繊維から順番に食べる

 

食事だけでは体重や血糖値のコントロールが難しい場合は、医師に相談して無理のない範囲で運動を取り入れてみるのもおすすめです。

 

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

まとめ

妊娠糖尿病の入院基準はどうなっているのか、診断基準をチェックしながらまとめてみました。

 

まず、妊娠糖尿病の診断基準、明らかな糖尿病、正常な人の診断基準は次のようになっています。

 

・妊娠糖尿病⇒空腹時92mg/dl以上、ブドウ糖摂取1時間後180mg/dl以上、ブドウ糖摂取2時間後153mg/dl以上

・明らかな糖尿病⇒空腹時の血糖値126mg/dl以上、随時血糖値200mg/dl以上、HbA1c6.1%以上、糖尿病性網膜症を発症

・正常な人⇒空腹時の血糖値60~100mg/dl以下、食事1時間後の血糖値140mg/dl以下、食事の2時間後血糖値120mg/dl以下、HbA1c⇒4.3~5.5%

 

それから、妊娠糖尿病の入院基準は医師の判断によっても、症状のレベルによっても異なります。

 

もっとも重要なポイントとなるのが、「入院しなくても本人だけで自己管理ができそうか。」です。

 

つまり、入院しなくて済んだ場合でも、食事に気を付けて体重や血糖値をきちんと管理することは欠かせません。

 

妊娠糖尿病はママにとってもお腹の中の赤ちゃんにとっても怖い病気なので、一度診断を受けても頑張って改善できると良いですよね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠糖尿病カテゴリの最新記事