妊娠安定期はいつからいつまで?どんな体調、症状なのか??

妊娠安定期はいつからいつまで?どんな体調、症状なのか??

 

 

「妊娠安定期になると調子が良くなる!」と聞いて、いつからいつまでが妊娠安定期なのか、気になりませんか。

 

妊娠安定期の具体的な時期が分かれば、今悩まされているつわりの1つのゴールが分かって、多少は気持ちが楽になりそうですよね。

 

  • 妊娠安定期のスタート&ゴール⇒妊娠5ヶ月~妊娠7ヶ月まで(妊娠中期)
  • 妊娠安定期の体調や症状⇒今までよりも体調が良くなる、お腹が大きくなって胎動を感じる、無事出産を迎えられる確率が高まる

 

妊娠安定期は3ヶ月もありますし、妊娠生活の中でもっとも調子の良い時期なので、時間をかけて出産・育児のためのお買い物や体力作りができますよ。

 

では、今回は妊娠安定期がいつからいつまでか、どんな体調・症状なのかを詳しく紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠安定期のスタート&ゴールは?

皆さんが気になっている妊娠安定期は、一般的には妊娠5ヶ月~スタートして、妊娠7ヶ月でゴールを迎えます。

 

妊娠4ヶ月までの約4ヶ月を「妊娠初期」と言うのに対して、妊娠5~7ヶ月までの約3ヶ月を「妊娠中期」、妊娠8ヶ月~出産までの約3ヶ月を「妊娠後期」と言います。

 

妊娠安定期が始まれば妊娠期間も約3分の1以上を迎えたことになりますし、妊娠期間の前半が終わるのももうすぐですよね。

 

妊娠安定期のスタート時期である妊娠5ヶ月、妊娠安定期のゴール時期である妊娠7ヶ月はどんな時期なのか、説明しましょう。

 

スタートは妊娠5ヶ月~

妊娠安定期のスタートは妊娠5ヶ月~で、妊娠週数で言うと妊娠16~19週に該当します。

 

ベストな出産時期である正期産は妊娠37週以降なので、妊娠5ヶ月を迎えれば妊娠期間も半分近くが終了することになります。

 

この時期の赤ちゃんは手足の関節や筋肉の働きが向上して動かせるようになりますし、脳や内臓の機能もだいぶ発達しています。

 

妊娠5ヶ月の赤ちゃんの体重は200gくらいで小さいですが、少しずつ赤ちゃんの動きがママにも伝わってきますよ。

 

ゴールは妊娠7ヶ月

妊娠安定期のゴールは妊娠7ヶ月で、妊娠週数で言うと妊娠24~27週に該当します。

 

妊娠7ヶ月の終わり頃(=妊娠中期の終わり頃)には妊娠期間もあと3ヶ月で、妊娠後期(妊娠8~10ヶ月)だけとなります。

 

この時期の赤ちゃんはママの話し声や心臓の音が聞こえるくらいの聴覚になっているので、言葉かけをしたり童謡を聞かせたりするのも良いですよ。

 

妊娠7ヶ月の赤ちゃんは1000gくらいでそれほど重い訳ではないのですが、ママからすると大きくなったお腹で動くのが大変ですよね。

 

動くときは落ち着いてゆっくり動くようにして、バランスを崩さないように気を付けましょう。

 

妊娠安定期は平和な時期って本当?体調や症状は?

妊娠安定期は比較的体調が安定した時期で、それほど不快な症状もなく落ち着いて過ごしている方が多いです。

 

今までよりも体調が良くなるだけでなく、お腹が大きくなって胎動も感じられますし、無事出産を迎えられる確率が高まる時期でもあります。

 

妊娠初期のうちはつわりに耐えることで精一杯でも、妊娠安定期になってやっとママとしての実感も湧いてきたのでは?

 

妊娠安定期はどんなふうに平和な時期を迎えられそうか、体調や症状はどうなるのか、詳しく見ていきましょう。

 

今までよりも体調が良くなる

妊娠安定期にまず感じやすい変化と言えば、今までよりも体調が良くなって活動しやすくなることです。

 

妊娠初期のうちは吐き気や嘔吐、食欲不振などの大変な症状で、何をしていても苦しかった方もきっと多いはず。

 

「文句なしの体調!」とまでいかなくても、せめて今まで辛かった臭いや嘔吐の症状はマシになりますし、食べられるものも増えてきますよ。

 

お腹が大きくなって胎動を感じる

妊娠安定期に感じやすい変化と言えば、お腹が大きくなって胎動を感じることも挙げられますよね。

 

胎動は初めての妊婦さんだと気付きにくいのですが、妊娠週数が進むにつれて赤ちゃんそのものも、赤ちゃんの動きも大きくなるので分かりやすくなりますよ。

 

お腹の外側から見るとお腹が凸凹に動いたり、赤ちゃんの足の裏の感覚があったりすることも。

 

こうして赤ちゃんの存在が身近に感じられると、「もうすぐママになるんだ!」と言う実感が湧きますし、出産が楽しみになりますよね。

 

無事出産を迎えられる確率が高まる

妊娠初期は妊娠全期間のうちでもっとも流産確率が高いと言われていますが、妊娠安定期になると無事出産を迎えられる確率が高まるのも嬉しい変化ですよね。

 

実は、全流産のうち妊娠11週までに起こる流産が8割近くで、妊娠16~27週までの妊娠安定期に起こる流産は2割以下と言われています。

 

今までと比較して圧倒的に流産確率は減っても安心は禁物ですが、今までよりリラックスして過ごしやすくなります。

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

安定期のうちにやっておきたい!出産に向けた2つの活動は?

妊娠安定期になって快適に過ごしやすくなると、「出産に向けて今のうちにできることはないかな?」と探している方も多いのでは?

 

妊娠後期になると出産が近づく分、緊張感も高まりやすいですし、成長した赤ちゃんで胃が圧迫されて後期つわりに悩まされる方もいます。

 

妊娠全期間の中でもっともリラックスして過ごせる妊娠安定期のうちに、出産・産後に必要なものや赤ちゃん用品の準備、出産や育児のための体力作りをしておくに越したことはありませんよ。

 

出産・産後に必要なものや赤ちゃん用品の準備

妊娠安定期のうちにやっておきたい出産に向けた活動と言えば、まずは出産・産後に必要なものや赤ちゃん用品の準備があります。

 

  • 出産や産後に必要なもの⇒産褥ショーツ、お産用パッド、産後用腹帯、前開きパジャマ、授乳ブラ、母乳パッドなど
  • 赤ちゃん用品⇒肌着、ベビー服、ソックス、ミトン、よだれ掛け、ガーゼハンカチ、ベビー石鹸、綿棒、ベビー布団など

 

プレママ向けのメディア、産婦人科や自治体の母親教室の資料に書かれている準備品は、大体上記のようなものです。

 

入院用品は産婦人科によって異なるので、産婦人科の資料を優先的にチェックして、他に必要だと思われるものがあればプラスすると良いかも知れませんね。

出産や育児のための体力作り

妊娠安定期のうちにやっておきたい出産に向けた活動と言えば、出産や育児のための体力作りも挙げられます。

 

出産も育児も全てのママが乗り越えたことなので、何とかなるだろうと思いがち。

 

確かに、出産も育児も何とかなるのですが、もっと体力を付けておけば「より楽な出産」「余裕のある育児」ができるかも知れませんよ。

 

とは言っても、妊娠安定期のような快適に過ごしやすい時期でも、ジムに通ったりスポーツをしたりなどの本格的な運動はできません。

 

出産・産後に必要なものや赤ちゃん用品の準備をしながらお散歩をするとか、産婦人科や自治体のマタニティビクスに参加してみるのがお勧めです。

 

妊婦さん向けの運動と言えば、他にマタニティヨガ、マタニティスイミングなどもありますよね。

 

あるいは、家事や日常生活の中に運動を取り入れるなら、無理のない程度にお部屋の掃除や整頓をしてみるのも有りです。

 

スポンサードリンク

まとめ

妊娠安定期がいつからいつまでか、どんな体調・症状なのかをまとめてみました。

 

  • 妊娠安定期のスタート&ゴール⇒妊娠5ヶ月~妊娠7ヶ月まで(妊娠中期)
  • 妊娠安定期の体調や症状⇒今までよりも体調が良くなる、お腹が大きくなって胎動を感じる、無事出産を迎えられる確率が高まる

 

妊娠安定期はお腹の中では赤ちゃんの手足の関節や筋肉が発達しますし、ママの声もちゃんと赤ちゃんに届いていますよ。

 

ママとしては体調も落ち着いて快適に過ごしやすいですし、お腹を見たり触れたりするだけでも赤ちゃんの動きが感じられて楽しみな時期ですよね。

 

こんな時期だからこそ出産に向けて、少しずつ色々な準備を進めておくことをお勧めします。

 

  • 出産・産後に必要なものや赤ちゃん用品の準備
  • 出産や育児のための体力作り

 

これだけのことを出産が近くなってからやろうと思うと、出産の緊張感や後期つわりで思うように進まないことも。

 

出産準備も体力作りも比較的体調の良い妊娠安定期に進めることで、「より楽な出産」「余裕のある育児」にできると良いですね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠安定期カテゴリの最新記事