妊娠安定期に子宮が痛みを起こす?何が原因??

妊娠安定期に子宮が痛みを起こす?何が原因??

 

 

妊娠安定期になってようやく体調が落ち着くと思ったら、子宮がシクシク痛みを感じることはありませんか。

 

実は、この時期の子宮の痛みは、多くの妊婦さんが経験済みなんです。

 

  • 短時間の鈍痛⇒子宮が大きくなること、便秘
  • 継続的な強い痛み⇒切迫早産、常位胎盤早期剝離、感染症

 

妊娠安定期の子宮の痛みには上記の原因があり、多くの方が感じるのが短時間の鈍痛です。

 

何らかの異常がある場合には、継続的な強い痛みを感じることも。

 

妊娠中に何の問題もないのがベストですが、せめて受診の目安が分かっていると安心ですよね。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠安定期に子宮の痛みはよくあるもの!正常な原因は何?

 

「子宮の痛み=子宮の異常サイン」と思ってしまいそうですが、実はそうとも限りません。

 

妊娠安定期に子宮の痛みを感じることは結構あるもので、正常な原因に該当することが多いんです。

 

基本的には短時間の鈍痛であれば、子宮が大きくなったことや便秘による痛みである可能性大です。

 

今感じている痛みが正常な原因に該当するかどうか、判断目安が分かれば気分が落ち着きそうですね。

 

短時間の鈍痛なら問題なし

妊娠安定期の子宮の痛みで多くの方が感じたことのあるのが、微妙な痛みなのではないでしょうか。

 

擬音語にすると下腹部がシクシクするような、チクチクするような。

 

ズキンズキンする感じなんて言う方もいます。

 

痛みの表現方法は人ぞれぞれなので、正常かどうかは痛む時間や強さを目安にすると良いですよ。

 

  • 安静にしていれば治まる(時間とともに治まることも)
  • 痛みと痛みの間隔が不規則
  • 鈍痛で我慢できるほどの痛み
  • 出血がない(あってもごく少量)

 

上記の全てに該当する痛みであれば、まず問題ないと考えて良いでしょう。

 

それでも心配な時は次回の妊婦健診で、医師に確認してみると良いですよ。

 

原因は子宮が大きくなること

妊娠安定期の子宮の痛みの原因として、もっとも多いのが「子宮が大きくなること」です。

 

お腹の中の赤ちゃんと一緒に子宮が大きくなると、子宮周りの組織にも負担がかかります。

 

それで、子宮周りの靭帯が引っ張られる時に、子宮の痛みを感じることがあります。

 

張るような痛みなので激痛になることは少なく、我慢できるほどの鈍痛であることがほとんどです。

 

痛みが気になる場合は体を休めるのはもちろん、腹帯でお腹を温めながら支えるのもおススメです。

 

もしかしたら便秘も原因かも

妊娠安定期の子宮の痛みの原因と言えば、「便秘」も考えられます。

 

この場合は子宮の痛みと言うよりは、腸が圧迫される痛みでしょうね。

 

子宮も腸も近い場所にあるので、便秘による腸の痛みを子宮の痛みと勘違いする方もいます。

 

でも、妊娠中はホルモンバランスのせいで、体内に栄養を溜め込みやすく便秘になりやすいです。

 

その上、赤ちゃんの成長で腸が圧迫されて、妊娠安定期になると便秘が悪化することも。

 

食物繊維を意識的に摂取したり、適度な運動に取り組んだりなど簡単なことでOK。

 

腸に良い活動を習慣にして、便秘の改善を目指しましょう。

 

何をしても便秘が改善しない場合は、医師に相談すれば便秘薬を処方してもらえるかも知れません。

 

妊娠安定期の子宮の痛みには異常サインも!危険な原因は何?

 

妊娠安定期の子宮の痛みには、もちろん異常サインを示す危険な痛みもあります。

 

「正常な痛みと危険な痛み、ちゃんと区別は付くだろうか?」と心配になる方も多いのでは?

 

もし危険な痛みを見逃してしまうと、大変な事態になることもあり得ますよね。

 

でも、危険な痛みは正常な痛みとは全然違うので、どんなに鈍感な方でも絶対に気付くはずです。

 

基本的には継続的な強い痛みは、切迫早産や常位胎盤早期剝離、感染症などのリスクが考えられます。

 

危険な痛みなら少しでも早く気付いて、これ以上大変な事態を阻止できると良いですよね。

 

継続的な強い痛みはリスク大

妊娠安定期に我慢しないといけないくらい、強い子宮の痛みを感じていませんか。

 

先に結論を言うと妊娠中は陣痛でもない限り、我慢できないほどの痛みが起こることは少ないです。

 

  • 暫く安静にしていても痛みが続く
  • 痛みと痛みの間隔が15分以内で規則的
  • 日常生活に支障が出るほどの激痛
  • 多量の出血が3日以上続く

 

問題ない痛みなら、暫く安静にしていれば治まります。

 

陣痛のような規則的な激痛が起こることも、通常なら考えられません。

 

また、診断目安として出血も大きなポイントで、緊急で病院に連絡した時に聞かれることが多いです。

 

どれくらいの出血が何日続いているか、電話で聞かれて答えられる程度に把握しておきましょう。

 

出血の目安は難しいところですが、生理2日目並みの出血が3日以上続いたらリスク大です。

 

とは言っても、妊娠中の異常は割と進行が早くて、ギリギリまで待つのも不安になりませんか。

 

出血1日目でも出血量が生理2日目くらい多いと感じたら、念のため病院に連絡してみるのも有りです。

 

「連絡せずに後悔する」より、「連絡しなくても良かった」と言う方が断然良いですよ。

 

切迫早産の可能性有り

妊娠安定期に継続的な強い痛みを感じるとしたら、まずは「切迫早産」の可能性が考えられます。

 

妊娠21週までは流産ばかり心配したでしょうが、妊娠22週以降は早産が心配になりますよね。

 

妊娠37週以降の正期産になるまでの出産は、赤ちゃんの機能が未熟でリスクが伴います。

 

切迫早産になると赤ちゃんを出産させないために、治療を受けることになります。

 

入院が必要になる場合もありますし、病院への連絡はやはり早いに越したことはありません。

 

常位胎盤早期剝離の可能性も!

妊娠安定期に継続的な強い痛みを感じるとしたら、「常位胎盤早期剝離」の可能性も考えられます。

 

常位胎盤早期剝離は正期産になっていないのに、胎盤が子宮壁から剥がれてしまう症状のことです。

 

止まらないほどの酷い出血の場合には、赤ちゃんだけでなくママにも危険が及ぶことがあります。

 

常位胎盤早期剝離も切迫早産と同じように、早めに病院に確認するに越したことはありません。

 

感染症も原因になっているかも

妊娠安定期に継続的な強い痛みを感じるとしたら、「感染症」が原因になっている場合もあります。

 

一通りの感染症の検査は妊婦健診で行うので、その時に感染症の有無が分かることが多いです。

 

でも、検査を受ける前・検査からだいぶ日が経った後に、感染症が発覚する可能性もあります。

 

感染症は悪化すると細菌が子宮内に感染して、早産の原因になることもあるんです。

 

お腹全体的に強い腹痛が続く場合は、診察時間関係なくすぐに病院に連絡してください。

 

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

まとめ

 

妊娠安定期の子宮の痛みの原因について、痛みの種類ごとにまとめてみました。

 

  • 短時間の鈍痛⇒子宮が大きくなること、便秘
  • 継続的な強い痛み⇒切迫早産、常位胎盤早期剝離、感染症

 

短時間の鈍痛は子宮が大きくなることや便秘など、問題ない子宮の痛みです。

 

継続的な強い痛みは切迫早産や常位胎盤早期剝離、感染症など、緊急性の高い子宮の痛みです。

 

正常な痛みか異常な痛みかの判断は、以下のことを目安にしてみると良いでしょう。

 

  • 安静にしてたら治るか⇒治れば問題なし、治らなければリスク有り
  • 痛みと痛みの間隔⇒不規則なら問題なし、規則的ならリスク有り
  • 痛みの強さ⇒鈍痛なら問題なし、激痛ならリスク有り
  • 出血の有無⇒無いか少量なら問題なし、多量ならリスク有り

 

問題なしの項目が多いほど異常の可能性は低く、リスク有りの項目が1つでもあれば注意が必要です。

 

特に我慢できないほどの痛み・多量の出血はリスクが高く、気付いたらすぐに病院に連絡すべきです。

 

出血は判断が難しいところですが、生理2日目並みの量・3日以上の出血は要注意です。

 

もし病院への連絡を迷った場合は、念のため連絡して指示を求めることをお勧めします。

 

早めの連絡で最悪の事態を防げる場合もあるので、やはり無難な選択をした方が良いですよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠安定期カテゴリの最新記事