妊娠初期症状チェックシートリスト10!該当項目多かったら妊娠してるかも!!

妊娠初期症状チェックシートリスト10!該当項目多かったら妊娠してるかも!!

妊娠、初期症状、チェック、シート

「妊娠しているかも?」と思った時はもちろん、医者で内診を受ければすぐに結果は分かります。

 

でも、医者にかかる前にひとまず、セルフチェックをしておきたいなんて思うことはありませんか。

 

こんな時におすすめなのが、妊娠初期症状チェックシートで今の自分の症状と照らし合わせてみることです。

 

セルフチェックで妊娠の可能性が高いと感じた時に医者に行けば、内診ですぐに胎嚢(赤ちゃんの入っている袋)や赤ちゃんの心拍が確認できるかも知れませんよね。

 

では、妊娠初期症状チェックシートによくありがちな症状を、順番にリストアップしてみましょう。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

胃腸の調子はどう?チェック項目3つはこれ!

妊娠、初期症状、チェック、シート

妊娠初期症状のチェックシートでよくありがちな症状と言えば、まずは胃腸の調子に関するものがあります。

 

具体的な胃腸の症状としては、「食欲が変化する」「便秘や下痢になりやすい」「吐き気がする」などがあります。

 

これらの症状は生理前や生理中でもあるのですが、妊娠初期症状の場合は生理予定日1週間後になっても続き、日が経つにつれて症状が酷くなっていくことが多いです。

 

では、妊娠初期症状のチェックシートで、胃腸の調子についてチェックしてみましょう。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト①食欲が変化する

妊娠初期症状に多い胃腸の不調と言えば、まずは「食欲が変化すること」が挙げられます。

 

多くの妊婦さんが妊娠5~6週(生理予定日1週間後以降)から、つわりが始まると言われています。

 

でも、つわりの症状は急に始まる訳ではなく、生理予定日頃から少しずつ感じていることも多いものです。

 

妊娠によるホルモンバランスの変化で味覚や嗅覚が敏感になって、苦手な味や臭いが増えて食べるのが嫌になってしまうことも。

 

そうかと思えば特定のものに関しては食欲が進んで、今まで以上に食べてしまう方もいます。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト②便秘や下痢になりやすい

妊娠初期症状に多い胃腸の不調と言えば、「便秘や下痢になりやすいこと」も挙げられます。

 

中でも便秘は妊婦さんによくありがちな不調で、5日以上便秘をしている方も多いんです。

 

つわりで嘔吐が酷い方の中には、「2週間以上もお通じが出ていない。」なんて言う方もいるくらいです。

 

でも、便秘や下痢が続くとつわりの症状も悪化しやすいので、できる範囲で食物繊維を摂取してみると良いですよ。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト③吐き気がする

妊娠初期症状に多い胃腸の不調と言えば、「吐き気がすること(場合によっては嘔吐することもある)」も挙げられます。

 

つわりの吐き気や嘔吐は妊娠5~6週に始まる方が多いのですが、その前から悩まされている方もいます。

 

「食べる⇒吐き気や嘔吐」「食べない⇒吐き気や嘔吐」の繰り返しで、食事のバランスが一気に崩れてしまうこともよくあります。

 

でも、妊娠初期のうちはお母さんの摂った栄養が赤ちゃんになる訳ではなく、卵黄嚢と言う場所から赤ちゃんに栄養が供給されます。

 

なので、あまりにも吐き気や嘔吐が辛い時は食事量や食事内容よりも、吐き気や嘔吐を乗り越える方法を優先することをおすすめします。

 

日常的な活動レベルは?チェック項目3つはこれ!

妊娠、初期症状、チェック、シート

妊娠初期症状のチェックシートで、「日常的な活動レベルが低下すること」もよく項目にありますよね。

 

具体的には、「強烈な眠気がある」「風邪っぽい」「肩こりや腰痛が酷い」などが、多くの妊婦さんにありがちな症状です。

 

どの症状も疲労を感じさせるものばかりですが、妊娠中は何もしなくても疲れたり、妊娠前以上に大きな疲労を感じたりしやすいものです。

 

では、妊娠初期症状のチェックシートで、日常的な活動レベルについてチェックしてみましょう。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト④強烈な眠気がある

妊娠初期症状に多い疲れの症状と言えば、まずは「強烈な眠気があること」が挙げられます。

 

強烈な眠気の症状としては、次のような症状が見られやすいです。

 

どれだけ寝ても眠い

・熟睡できていない感じがする

・生活リズムが乱れやすい(昼夜逆転など)

 

妊娠がはっきりと分かることになって、「いつもの生理前よりも眠い訳だ。」と納得する方も多いです。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト⑤風邪っぽい

妊娠初期症状に多い疲れの症状と言えば、「風邪っぽいこと」も挙げられます。

 

妊娠初期症状の風邪っぽい症状には、次のような症状があります。

 

・微熱がある

・だるい

・頭痛

・口の中が乾燥しやすい

 

妊娠中はホルモンバランスの関係で病気に対する抵抗力が落ちやすく、風邪っぽいと言うよりも実際に風邪を引いていることもあります。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト⑥肩こりや腰痛が酷い

「肩こりや腰痛が酷いこと」も、妊娠初期症状としてよくありがちな疲れの症状です。

 

ちょっと座り仕事をしただけで首から肩まで凝ってしまったり、ちょっと体を動かしただけで背中から腰まで凝ってしまったり。

 

生理前のコリが部分的な症状であるのに対して、妊娠初期症状のコリは広範囲に起こりやすいです。

 

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

もっとも分かりやすい体の変化!最終チェック4つはこれ!

妊娠、初期症状、チェック、シート

胃腸の調子とか日常的な活動レベルなどだと基準が曖昧で、妊娠を期待するあまり該当してしまうこともありそうですよね。

 

でも、次のような症状は妊娠初期症状のチェックシートリストの中でも、比較的分かりやすい体の変化です。

 

「サラサラのおりものが多い」「お腹の張りがある」「基礎体温が高い」「着床出血がある」などです。

 

これらを他の症状と一緒に総合的にチェックしてみれば、セルフチェックの精度は上がりそうですよね。

 

では、妊娠初期症状のチェックシートで、先に挙げた内容を最終チェックしてみましょう。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト⑦サラサラのおりものが多い

妊娠初期症状の中でも分かりやすい症状と言えば、まずは「サラサラのおりものが多いこと」が挙げられます。

 

おりものには自浄作用があって、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを守るために、サラサラしたおりものが増えやすいと言われています。

 

おりものでショーツが汚れやすく、こまめにおりものシートやショーツを交換している方も多いです。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト⑧お腹の張りがある

妊娠初期症状の中でも分かりやすい症状と言えば、「お腹の張りがあること」も挙げられます。

 

妊娠初期症状として感じやすいお腹の張りは下腹部を中心とした部分で、次のような症状があります。

 

・チクチク感

・膨らみ

・違和感

 

ちょっとしたお腹の張り程度であれば問題ないのですが、強い張りや激しい腹痛を感じた場合にはすぐに医者に相談しましょう。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト⑨基礎体温が高い

「基礎体温が高いこと」も、妊娠初期症状の中でも分かりやすい症状です。

 

通常なら生理予定日前にプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きで上昇した体温は、生理の始まりと同時に低下します。

 

ところが、妊娠してプロゲステロンが増え続けると、生理予定日になっても高温を維持したままです。

 

一般的に高温期の体温は36.7℃くらいとされていますが、妊娠すると37℃近くまで上昇する方もいます。

 

妊娠初期症状チェックシートリスト⑩着床出血がある

妊娠初期症状として100人に2~3人の割合で、「着床出血がある」と言う方もいます。

 

着床出血は受精卵が子宮内膜に根を張る(着床=妊娠)際に、絨毛が子宮壁を傷付けた時に起こる出血です。

 

出血と言っても生理のような多めの出血ではなく、次のような出血になることが多いです。

 

・時期⇒生理予定日1週間~4日前くらい(多少前後することも)

・期間⇒2~3日

・量⇒おりものシートで十分なくらいごく少量

 

着床出血は生理予定日を1週間以上超えて起こったり、1週間も続いたりすることは少ないと言われています。

 

とは言っても、妊娠が確定してから出血がある場合は、リスクも十分に考えられます。

 

3日を超える出血があったり、ナプキンが必要なほどの出血があったりする場合は、すぐに医師に相談しましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

妊娠、初期症状、チェック、シート

妊娠初期症状チェックシートによくありがちな症状を、10個リストアップしてみました。

 

・胃腸の調子⇒食欲が変化する、便秘や下痢になりやすい、吐き気がする

・日常的な活動レベル⇒強烈な眠気がある、風邪っぽい、肩こりや腰痛が酷い

・分かりやすい体の変化⇒サラサラのおりものが多い、お腹の張りがある、基礎体温が高い、着床出血がある

 

妊娠初期症状チェックシートの症状は基準が曖昧で、項目によっては自分に当てはまるかはっきりしないかも知れませんね。

 

こんな時は比較的精度の高い方法として基礎体温を測定して、生理予定日を1週間過ぎても高温(36.7℃くらい)を維持しているかをチェックしてみましょう。

 

もし生理予定日を1週間過ぎても高温が続いていて、該当する症状がいくつかあれば、妊娠の可能性を疑って医者で検査を受けましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4

つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。

【BELTA】厚生労働省推奨の葉酸サプリ

計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。

 

妊活中も妊娠中と同じように1日400µgの葉酸の摂取が推奨されているので、

食生活を見直しながらサプリを取り入れて1日の目安摂取量をクリアできると良いですね。

出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。

妊娠初期症状カテゴリの最新記事